B2Bプラットフォーム事業

インフォマートインターナショナルは、日本の食品業界に向けて展開している
B2Bプラットフォーム(企業間電子商取引)をライセンス化し、
海外のあらゆる業界に対応したシステムを提供いたします。

日本の食品業界で展開しているビジネスモデル



日本国内利用企業数
114,000社(約390,000事業所)
年間システム流通金額
1兆3,678億円

※2016年9月末現在

一般消費者と企業間(B to C)での取引に比べると、
企業間(B to B)での商取引は古くから続く商習慣や
業務の複雑さなどから、長きに亘り電話やFAXが主流で
インターネットの活用が遅れてきました。

インフォマートではこうした障壁を乗り越え、
業務効率化を促進するため、使いやすく多機能な
システムと徹底したサポート体制を敷き、
インターネットによるBtoB(企業間電子商取引)
プラットフォームの設立、運営を進めてきました。
最初に着手したフード業界では、お客様それぞれの
ニーズに応え、全国約114,000社にご利用いただくまで
に成長しました。

今後も インターネットによるB to Bプラットフォームの
普及・拡大を通して、企業の業務効率化、
収益アップを支援する「新しいビジネスインフラの創造」を
目指していきます。

日本のB2Bプラットフォーム事業の各国・他業界への展開

世界各国への展開各業界への展開各国を結ぶB2B貿易プラットフォーム

B2Bプラットフォーム事業について詳細を知りたい方は、下記のボタンからお気軽にお問合わせください。

お問合わせはこちら